インプラント

歯がない状態で放置するのはなぜ危険?インプラントの検討をおすすめします。

投稿日:

こんにちは! 岩手県盛岡市のマモインプラントクリニックマリオスの理事長、高橋衛です。

虫歯や歯周病が原因となり歯医者で抜歯すると、痛みなどの症状は一旦収まります。
そのため、「歯がない状態でも問題ない」と感じ、義歯を入れない方もいらっしゃいます。
しかし、歯がない状態が続くことは、他の歯にも顎にもダメージが大きいことをご存知でしょうか。

今回は、歯がない状態で放置するリスクについて解説します。

インプラントをはじめとする義歯の重要性が分かるため、1本でも歯がない方や、抜歯を予定している方はぜひ目を通してみてください。

カウンセリング

理由1.噛み合わせのバランスが崩れてしまう


ひとつ歯がないだけで、噛み合わせのバランスは簡単に崩れてしまいます。
一見問題なく噛めているように感じていても、長年の積み重ねにより、いつの間には片側の歯ばかりで噛んでいたり、抜けた歯の部分を避けるような癖のある噛み方になっていたりすることも少なくありません。
結果として、抜けていない歯にも負担がかかってしまいます。
さらに、歯並びが悪くなり咀嚼に影響が出て胃腸のバランスを崩すなど、思わぬトラブルに発展することあります。

理由2.失った部分の両隣の歯が傾いてしまう


歯は、お互いに力を掛け合うことで、理想的なポジションをキープしています。
インプラントなどの義歯を入れずに放置してしまうことで、歯と歯の間に大きなすき間が生じてしまいます。
そのため、両隣の歯にかかる支えが少なくなり、傾いてしまう可能性があるのです。
さらに放置期間が長引けば、ひとつ挟んだその隣の歯まで、傾いてしまいます。
連鎖的に歯の位置が動き、気づいたときには歯全体の矯正が必要なレベルまで悪化する可能性も少なくないのです。

理由3.顎の骨が変形して顔の見た目を変えてしまう


歯がない状態で放置すると、歯の根っこ部分に存在する、歯槽骨が減ってしまいます。
抜歯して凹んだ状態のままにすると、一旦抜歯部分が歯肉で覆われ、少しずつ凹みが減っていくでしょう。
それがどんどん進行し、歯槽骨が半分くらいにまで減ってしまうこともあるのです。
上の歯を抜いた場合は外側の骨が、下の歯を抜いた場合は内側の骨が痩せることが多く、顎の骨自体に影響します。
顔の見た目が変わってしまうまで至っても、原因が歯であると気づかず悩んでいる方は実は多いものです。

理由4.将来の要介護リスクが上がる


年齢と共に歯のトラブルは生じやすくなるものですが、実は歯の数と要介護度合いは密接な関係にあります。
歯が19本以下の人は、歯が20本以上現存している人と比べ、要介護になりやすいという研究が出ています。
咀嚼力が大きく関係しており、あまり噛めない人は、なんでも噛める人と比較してリスクを抱えやすいことが分かりました。
また、転倒も多く、噛む力が全身運動に与える影響が多いことも分かっています。
「よく噛むことは健康にいい」と言われますが、まさにその通りだと言えるでしょう。
歯にトラブルのない人でも、意識的にたくさん噛んでおくことがおすすめです。

まとめ


歯が抜けた状態で放置することは、目先のリスクだけでなく、将来的な介護リスクまで増やすことにつながります。
歯が原因であることに気づかないケースも多く、「こんなリスクがあるなら早めに義歯を入れておけばよかった」と感じる人も少なくありません。

マモインプラントクリニックでは、元の歯と変わらぬ噛み心地を得やすいインプラントをはじめ、義歯に関する相談を承っています。

どんな義歯が自分に合っているか分からない人や、インプラントのメリット・デメリットを知りたい方は、お気軽にご相談ください。
長期的な目線で納得できるよう、一緒に選んでいきましょう。
マモインプラントクリニックは岩手県盛岡市にあります。
JR盛岡駅の西口のロータリーすぐなので、電車はもちろんバスなどの公共交通機関を利用しての通院にも便利です。

-インプラント

Copyright© マモインプラントクリニックマリオスからのお知らせ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.