インプラント 歯科治療

インプラントの寿命はどのくらい?

投稿日:2020年2月26日 更新日:

こんにちは!
岩手県盛岡市のマモインプラントクリニックマリオスの理事長高橋衛です。

インプラントの寿命についてよくご質問を受けます。

今日はインプラントの寿命、メンテンスについてお伝えいたします。

インプラント治療とは

歯科インプラント治療(以下、「インプラント治療」という)とは、歯が抜けたところの顎 あご の骨 に人工の歯の根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工の歯を作るものです。

長期間の機 能と審美性の回復が図れることで、自身の生活の質(QOL:Quality of life)の向上が期待される治療法で、ブリッジや入れ歯のように残っている歯に負担をかけずにしっかりと人工の歯を固 定できることが特徴です。

平成29年(2017年)医療施設(静態・動態)調査・病院報告によると、 2017年9月の1カ月間で全国の歯科診療所68,609施設のうち35%(24,014施設・手術件数27,383 件) でインプラント治療が行われています。

引用:    平成29年(2017)医療施設(静態・動態)調査・病院報告の概況   https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/17/

 

あなたの歯科インプラントは大丈夫ですか?インプラントは一生モノ?

インプラントの寿命とメンテンスの大切さ

すべてのものに寿命があるように、歯の治療に使われるインプラントにも寿命があります。

インプラントは「高い」というイメージがありますが、入れ歯やブリッジよりも寿命は長く、ブリッジのように他の健康な歯にダメージを与えないことや審美的にも美しい歯を取り戻せます、自分の歯のように良く噛めるなどメリットの多い治療法です。

インプラント治療をお考えの方は「インプラントはどのくらい持つのか?」

気になるという方は多いと思います。

インプラントの寿命はどれくらいか?

インプラントの寿命はインプラントが一般的には撤去されるまでの残存期間のことを指しインプラントの成功率とは異なる。

インプラントの成功の基準については、1998年のトロント会議でのコンセンサスレポートにより、

①インプラントは、患者と歯科医師の両者が満足している。

②インプラントに痛み不快感、知覚の変化、感染の兆候がない。

③臨床的に診査するとき、個々の連結されていないインプラントは動揺がない。

④機能下1年以降の経年的なインプラント周囲の垂直的骨吸収は0.2mm以下である、が挙げられている。

いわゆる埋入したインプラントが何年間口腔内で残存・機能するかという問いには(いわゆる寿命)、現在の研究報告を見る限り適切に回答することは困難である。加えて、インプラントの残存率は埋入部位および埋入条件により異なるが、システマティックレビュー等を参考にしたところでは部分および全部欠損症例における10~15年の累積生存率は上顎で約90%程度、下顎で94%程度である。また抜歯即時埋入や骨移植を伴った埋入では若干生存率が下がるものの87~92%程度である。

引用: 厚生労働省委託事業「歯科保健医療情報収集等事業」

 

インプラントの累積残存率は10年で9割を超えています。インプラントメーカーによりますが、10年間のメーカー保証をつけているところもあります。

 インプラントは、定期的に適切なメンテナンスを行うことで 半永久的に使っていただける『第二の永久歯』とも言われています。

インプラントをトラブルなく、長く使っていただくには、メンテナンスはとても重要です。

インプラントの寿命を延ばすためには、どのようなメンテナンスが必要なのかについてご説明します。

インプラント治療のアフターケア(メンテンス)について

インプラント治療終了後はメンテナンス(定期的な検診)を受けてください。

一旦治療が終了しても、良好な状態を保つために定期的なメンテナンス(定期健診)のために歯科医院に来院する必要があります。

メンテナンスの頻度は患者さんのお口の状態によって異なりますが、当院では日本口腔インプラント学会の治療指針に則って3ヶ月に1度のメインテナンスを患者さんにオススメしています。

状態が安定して清掃状態も良好な場合は、4〜6ヶ月に一回のメンテナンスを行なっております。

問題があれば早期に治療することで良好なインプラントの状態を保つことができます。

メンテンス内容

メンテンス(検診)内容はインプラント部位の点検、各部ネジの締まり具合の点検、噛み合わせの調整、歯周の検査・清掃を行います。また、歯科衛生士によるケアを行います。患者さん自身のお掃除だけでは行き届かない部分のクリーニングをしっかり行います。

[st-point fontsize="" fontweight="bold" bordercolor=""]インプラントを少しでも長く保つためには、この定期的なメンテナンスがとても大切です。  [/st-point]

インプラントのお手入れ

インプラントはご自分の歯よりさらに入念なお手入れが必要です。
歯磨きは通常の歯ブラシでは自分の歯と同じように磨いていただいてかまいません。特に、歯肉とインプラントの境目をよく磨いて下さい。

電動歯ブラシでも効果的にクリーニングが出来ます。通常の歯ブラシより短時間でお掃除ができます。信頼できるメーカーのものを正しい使い方で使用して下さい。歯磨剤は通常必要ありません。

歯間ブラシやデンタルフロスを併用していただき、歯とインプラントの間、インプラントの間の部分もよく磨いて下さい。

インプラントの根元の部分や、義歯を支えるインプラントの周りなどの細かい部分はタフトブラシも効果的です。

歯磨剤や洗口剤を併用しても構いません。歯ブラシでのクリーニングがしっかりできている上で併用すると効果が期待できます。洗口剤は薬用成分のあるものとないもの、アルコールを含むものと含まないものなど種類によって特徴が様々なのでご自分にあったものをお選び下さい。

引用:公益社団法人日本口腔インプラント学会       https://min-implant.jp/care/

 

 

 

-インプラント, 歯科治療

Copyright© マモインプラントクリニックマリオスからのお知らせ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.