インプラント

インプラント治療は痛い?治療前後・手術中など細かく解説!

投稿日:

盛岡市のマモインプラントクリニック 理事長の高橋衛です。

インプラント治療に対し、「痛そう」という印象を抱いている人は多いものです。
手術を伴う治療法であることも、痛みを気にする要因となっているのでしょう。

今回は、インプラント治療に伴う痛みについて解説します。

治療フェーズごとに紹介するため、どうしても痛みが心配な方はチェックしてみてください。

治療を説明する理事長

手術前の痛み


手術前に痛みを伴う診察・診療はありません。

虫歯や歯周病がありインプラント前に治療する場合は施術に応じた違和感が出る可能性はありますが、いずれも麻酔の使用が可能です。

マモインプラントクリニックでは「X-Guideシステム」を導入しており、検査結果・CT撮影データ・デジタルデータなどをもとにシミュレーションしています。

従来のようにサージカルテンプレート(マウスピース)を作らず済むため、口を大きく開けづらい方・嘔吐反射のある方でも問題なく診察できます。

手術中の痛み


手術中には局所麻酔するため、目が覚めていても痛みを感じることはありません。

マモインプラントクリニックには歯科麻酔認定医が在籍しており、安全かつ快適な治療環境を提供しています。
「人生で一度も手術したことがないから怖い」という方や、「痛みに弱く不安」という方も、お気軽にご相談ください。

手術が怖い方は、リラックス麻酔(静脈内鎮静法)で手術を受けていただくこともできます。
全身麻酔とは異なるため意識はありますが、軽い眠りのようなうとうとした状態が続くため緊張を和らげることが可能です。

また、インプラント治療に伴う痛みは担当医師の技術によって左右されます。
切開・剥離・縫合などの基本的な手技のレベルが高く、丁寧さとスピードを両立できる医師であれば、痛みも非常に軽いもので済むのです。

インプラント治療する際は、技術のある医師もしくは実績のある歯科医院を選定することをおすすめします。

麻酔は歯科麻酔認定医が行うから安心

手術後の痛み


手術中に鎮静剤を使用するため、術後の痛みも軽減できます。

心配な場合は痛み止めをお渡しするため、帰宅後・早朝・深夜など医師がいない環境で痛みが気になる場合にご活用ください。

実際には「痛み止めが必要になるほどの痛みが出なかった」という方が多いですが、安心材料のひとつとしてお渡しできます。

また、術後数日経って現れる痛み・腫れは、適切なセルフケアでほとんど解消できます。
歯ブラシの仕方・歯に負担を与えない食べ物や飲み物・入浴やスポーツなど日常生活の過ごし方まで幅広くアドバイスいたします。

治療後も痛みが続くようであればすぐに診察を!


手術を終えてからインプラント体と骨が結合するまでの間に、軽度の腫れや痛みが出ることはあり得ます。

しかし、日を追うごとに痛みが強くなる場合は次回予約を気にせず早めに診察を受けましょう。

非常に稀ではありますがトラブルが起きている可能性があるため、チェックが必要です。

また、インプラント治療を終えて数か月~数年経った後でも、痛みや違和感があれば放置せず早めに診察を受けることが大切です。

気づかないうちにインプラント周囲炎や周辺の虫歯が発生している可能性があるため、結果的に気のせいだとしても診察を受けて損はありません。

可能であれば痛みが生じる前に定期的に検診を受けるなどして、予防に努めるのが理想です。

まとめ


初めての治療に際し、痛みへの恐怖や心配が勝ってしまうのは当然です。

「痛みに弱いと伝えても我慢するように言われるかもしれない」
「怖いと伝えて嫌な顔をされたらどうしよう」

などと思う必要はありません。マモインプラントクリニックではインプラント治療専門のカウンセラーも常駐しているため、医師以外に質問することも可能です。

東北地域の玄関口にもなるJR盛岡駅目の前ですので、岩手在住でない方にもお越しやすい立地条件にあります。

インプラント治療に関する理解を深め、納得して治療方針を決めていただくためにも、気になる点は当院までご相談ください。

-インプラント

Copyright© マモインプラントクリニックマリオスからのお知らせ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.