受付時間9:30-19:00 (水・日除く)

0800-800-6460

メニュー

×

HOME

歯がないとどうなる?

Xガイド

設備紹介

よくある質問

セカンドオピニオン

院長紹介

スタッフ紹介

採用情報

お知らせ

お問い合わせ

月・火・木・金・土・祝
9:30 〜13:00/
14:30〜19:00
休診日
水・日

める

インプラント治療

インプラント治療とは?

インプラントは天然の歯のような根に歯を被せます。

虫歯や歯周病で天然の歯を失ってしまった部分に、チタン製の人工の歯の根を骨に埋め、それを土台にして人工の歯を装着して噛み合わせを回復させる治療方法です。
インプラントは天然の歯のように「根」を持っているため、まるで自分の歯のように快適に噛めて、お食事や会話を楽しんでいただくことができます。
見た目も天然歯のように自然で美しく、機能性・審美性ともに優れた治療方法です。

インプラントの構造

インプラントは、大きく3種類
構造に分かれています。

3つの構造に分かれたインプラントのイメージ画像
3つの構造に分かれたインプラントのイメージ画像
  1. 1.人工歯(上部構造)

    実際に見える歯の部分です。
    白いセラミックの被せ物で、
    天然歯と同じような光沢感があります。

  2. 2.アパットメント(支台部)

    人工歯を支えている部分です。
    下のインプラント体と上の
    人工歯をつなげる役割を果
    たしています。

  3. 3.インプラント体

    骨の中に埋められる部分で、
    人の骨との親和性の高い
    チタンで作られています。

インプラントは、
歴史のある
安心・安全
治療です

チタンを使用したインプラント治療は、約40年の歴史があります。
1952年、スウェーデンの学者であるブローネマルク博士が、実験中にチタンの板に骨が結合する現象を偶然発見したことで現在のインプラント治療が確立しました。
博士は、インプラントと骨との結合をオッセオインテグレイション(Osseo -骨の、integration-結合)と名付けました。

その後、1965年から臨床実験がはじまり、1980年代までに継続的に実験が行われて、ようやく世界中の臨床の場で行われるようになったのです。

インプラント治療は長い歴史の中で発展を続け、現在では安全性の確立した安心の治療法となりました。

ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士の写真
ペル・イングヴァール・
ブローネマルク博士

失った歯を補うための治療

失った歯を補うための治療には
3種類方法があります

インプラント 入れ歯 ブリッジ
インプラントのイラスト 入れ歯のイラスト ブリッジのイラスト
もともと歯があった部分に「インプラント」と呼ばれるネジを埋め込み、その上に人工の歯を装着する方法です。 周りの健康な歯または歯ぐきに入れ歯を固定し、噛む機能を回復させる方法です。 歯が抜けている部分の隣の歯を削り、橋を架けるようにして歯を補う方法です。

「入れ歯」「ブリッジ」は装着中の不快感・痛みや、周囲の健康な歯への負担が大きいなどのデメリットがあるのが実情です。
患者様の生活環境や年齢などにもよりますが、インプラント治療を選択することが患者様にとってメリットが大きいケースも数多くあります。

インプラント治療
メリット・デメリット

患者様に納得して
治療を受けていただくために、
インプラント治療のメリット
デメリットをご説明いたします

インプラント治療のメリット6

  • 01merit

    自分の歯のように
    快適に噛める!

    インプラントは天然歯と同じように「根」を持っていますので、歯を失う前と同じようにまるで自分の歯のように、しっかりと快適に噛めることができます。
    そのため、インプラントは「第二の永久歯」や「第三の歯」とも表現されます。
    入れ歯のような違和感や不快感がなく、快適に噛むことが可能です。

    快適に噛めていくつになっても素敵な笑顔
  • 02merit

    しっかり噛めるから、
    健康寿命が長くなる!

    「噛むこと」は身体の健康に大きく関わります。
    噛む力が弱くなると、食べ物を丸呑みしたり軟食を好むようになります。その結果、糖質過多もしくは低栄養となり、生活習慣病や糖尿病等の疾患にかかりやすく、寝たきりになってしまうケースもあります。
    よく噛めるようになると食事も楽しくなります。栄養状態も良くなり、噛むことで脳への刺激にもなるため、健康な長生きにつながるのです。

    しっかり噛めることでいくつになっても食事を楽しむことができます。
  • 03merit

    入れ歯・ブリッジだと、歯が
    ない
    部分の骨が痩せてしまう

    入れ歯やブリッジは、表面に歯を被せるだけで、骨に直接作用することがないため、骨は痩せていしまいます。
    骨が痩せることを防ぐためは、「インプラント」が最も適した方法です。

    入れ歯の写真
  • 04merit

    見た目が美しく、若々しい

    色も形も、まるで天然歯のような美しい歯で、食事や会話を楽しめるようになります。
    抱えていたお口のお悩みを解消することで、笑顔にも自信を持つことができるようになります。
    見た目も精神的にも若返り、患者様の人生がより豊かになります。

    いつまでも若々しく笑顔に自身を持つことができます。
  • 05merit

    周囲の健康な歯への
    負担が無い

    「入れ歯」「ブリッジ治療」は、周囲の歯に負担をかけてしまう可能性がありますが、
    インプラントは周囲の天然歯に負担をかけることはありません。

    • ブリッジ治療

      健康な歯を削る必要があります。

      抜けた歯の両隣りの歯を削り、歯が無くなった部分に橋渡しをするように「人工の被せ物の歯」を入れるため、健康な歯に負担をかけてしまいます。

    • 入れ歯

      バネを掛ける歯に負担がかかります

      入れ歯は両脇の歯にバネをかけて固定しますが、バネのかかる歯はダメージをうけやすく、将来的に抜かなくてはならない場合もあります。

  • 06merit

    入れ歯のような、
    着脱の
    わずらわしさから
    解放されます

    インプラントは、入れ歯のように取り外しをする必要がありません。
    また、人前で入れ歯を外してお掃除したりなどの恥ずかしい思いをしなくてすむようになります。

    取り外した入れ歯の写真

インプラント治療デメリット3

  • 01demerit

    手術が必要

    インプラント治療は、骨にインプラントを埋め込むという外科手術が必要です。
    「インプラントは怖い」と感じるかもしれませんが、当クリニックでは、麻酔科医による静脈内鎮静法にて、手術はうとうと眠っている状態で行います。患者様には「もう終わったの?」と言われるほど、リラックスした状態で手術を受けていただくことができます。

    手術の様子
  • 02demerit

    費用がかかる

    インプラント治療は、自費診療ですので治療費が他の治療と比較して高額です。
    しかし、メインテナンスをきっちりとおこなえば、他の治療に比べて長持ちします。
    インプラント治療のメリットを考えると、決して高額な治療ではありません。

    インプラント治療は長い目で見ると費用に対するメリットは大きいです。
  • 03demerit

    ブリッジや入れ歯よりも、
    治療期間がかかる

    チタン製のインプラント体が骨と結合するのに時間がかかるため、他の治療方法よりは全体として期間が長くなります。 マモインプラントクリニックマリオスでは、1日で仮歯まで装着することのできる「3時間インプラント治療」も可能です。

    他の治療方法よりも治療期間は長くなりますが、快適に噛めるようになります。

TOP

マモ インプラント クリニック マリオス

0800-800-6460

岩手県盛岡市盛岡駅西通2-9-1 マリオス15階

地図

診療時間
  9:30〜13:00 × ×
14:30〜19:00 × ×

9:30-19:00 (水・日除く)
祝日対応

電話のアイコン
0800-800-6460

メールのアイコン診療相談