インプラント

治療期間が最も短縮できるインプラント治療『オールオンフォー(All-on-4)』と『ザイゴマインプラント』について

投稿日:2019年11月28日 更新日:

こんにちは!
岩手県盛岡市のマモインプラントクリニックマリオスの理事長高橋衛です。

今回は、インプラントを行った当日に上下の歯が入ってしまう画期的なインプラント治療法をご紹介したいと思います。『インプラント治療』に関しては、日本国内でも一般的になっていますので、どのような治療が行われるのか?という基礎知識については、ある程度皆さんもご存知でしょう。このインプラント治療は、根元から失った歯でも取り戻せることや、他の残った歯に影響を与えない、審美性・機能性が高いということがメリットと言われます。しかしその一方で、治療に費用がかかることや、治療期間が長期化する…ということをネックとして、インプラント治療を躊躇してしまう人が多いようです。

特に治療期間が長期化する…という問題については、仕事が忙しい社会人の方からすると致命的な問題となる場合もあるでしょう。したがって、インプラント治療を望んでいるのに、諸事情で諦めているという人は多いのではないでしょうか?実は、そういった方に非常にオススメなのが今回ご紹介する『オールオン4』や『ザイゴマインプラント』と呼ばれるインプラント治療です。実は、一口にインプラント治療と言っても、いくつかの手法が存在しており、中には「たった一日で健康的で美しい固定性の歯を入れる事ができる」治療法があるのです。
この記事では、治療期間が最も短縮できると言われるインプラント治療についてご紹介します。

オールオン4について

それではまず、『オールオン4』の特徴について簡単にご紹介しておきましょう。一昔前までであれば、自分の歯を全て失った場合、総入れ歯にするという治療方法しかありませんでした。インプラント治療が登場してからは、費用は掛かるものの、しっかりと固定された歯が再現できるようになるため、近年では、インプラント治療の需要が非常に高くなっています。

しかし、インプラント治療を活用する場合であっても、いくつかの注意点は存在します。インプラントの場合、通常1本の歯につき1本のインプラントを埋め込まなければならず、全ての歯を失っている場合、8~10本のインプラント埋入が必要になるのです。当然この場合には、治療にかかる時間も長期化してしまいますし、インプラント埋入後もしっかりと噛めるようになるまでには、半年から10カ月程度はかかると考えておかなければならないのです。通常のインプラント治療は、「保険適用外だから治療費が高額…」「治療に多大な時間がかかる」ということがネックとなり、受けたくても受けられない…という患者様も少なくないのです。

そこで開発されたのが『オールオン4』です。前述したように、1本の歯につき1本のインプラントを埋め込んでいた従来のインプラント治療に対し、オールオン4は最小4本のインプラント(顎1列の歯を上顎と下顎の場合は最小8本)で全ての歯を支えることができる画期的なインプランと技術なのです。このインプラント手法最大のメリットは、抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着までが『たった1日』で行うことが可能だということです。さらに、治療当日であっても、その日の夜から食事が出来るなど、従来のインプラント治療のデメリットである「治療が長期化する」ということを完全に払拭することができるのです。

オールオン4のメリット

従来のインプラント治療と比較した場合の『オールオン4』のメリットをいくつかご紹介しておきましょう。

  • オールオン4の大きなメリットは、抜歯したその日に仮歯が入ることです。従来のインプラント治療であれば、しっかりと物を噛めるようになるまでかなりの時間がかかっていたのですが、治療したその日から新しい歯で食事することも可能です。
  • 全ての歯を失った状態でも、従来より埋入するインプラントが少ないので、大幅に治療費をおさえることが可能です。
  • 埋入するインプラントの本数が少ないため、体にかかる負担も大幅に軽減することが可能です。また、歯肉のラインやボリュームの回復が可能となり、美しい口元を作ることもできます。

ザイゴマインプラントについて

次は、『ザイゴマインプラント』についてご紹介しておきましょう。このザイゴマインプラントについては、「特殊オールオン4」という扱いの治療方法となります。どういった点が上で紹介した『オールオン4』と異なるのか簡単にご紹介しておきましょう。

まず皆さんはインプラント治療に関して、「どのような人であってもインプラント治療が可能!」と考えていませんか?実は、この考えについては大きな間違いであり、費用や治療期間に納得し、インプラント治療を行いたいと思っても、「インプラント治療が不可能な方」というのもいるのです。具体的には、重度の歯周病などで歯を失ってしまった方など、歯周病が原因で上顎の骨まで溶けて少なくなっているような方は、インプラントを埋入することができないため、「インプラント治療は困難」と診断されることもあるのです。当然この場合、オールオン4での治療も困難となります。

このよう症状の方でも治療可能なのが『ザイゴマインプラント』です。

ザイゴマインプラントの治療法について

  • インプラント治療は困難と診断された方
  • インプラント治療のために骨移植が必要と言われた方
  • 重度の歯周病などにより上顎の骨が少ない方

上記のような方には、『ザイゴマインプラント』による治療がオススメです。
通常のインプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋入するのに対し、ザイゴマインプラントは頬骨(ザイゴマ)にインプラントを埋入することで治療を進めます。したがって、歯周病などが原因で上顎の骨が少なくなっている…元々の骨格の問題などでインプラントが困難…などと診断された方でも問題なくインプラント治療を進めることが可能なのです。
さらに、ザイゴマインプラントは「特殊オールオン4」という扱いと説明した通り、オールオン4と同様に、手術をした当日に固定した歯を装着することができるのです。つまり、短期間での治療が可能ということです。ただし、注意が必要なのは、ザイゴマインプラントは頬骨にインプラントを埋入するという手法のため、通常より長いインプラントを用いることとなります。したがって、非常に高い技術力が求められることとなり、日本国内でも『ザイゴマインプラント』による治療が可能な歯科医院が非常に限られているのが現状です。つまり、近くの歯科医院で『ザイゴマインプラント』による治療を受けたくても、行える医院がない…という可能性があります。

インプラント治療が困難だと診断された方はコチラ

まとめ

今回は、「治療期間が最も短縮できるインプラント治療!」と注目されている『オールオン4』と『ザイゴマインプラント』についてご紹介しました。本稿でご紹介したように、従来のインプラントは、総入れ歯と比較すると、非常に機能性が高く審美性も高い歯を実現することができるため、人気の治療法となっています。しかし、インプラント治療は、保険適用外となってしまうため、治療費が高額になることや治療期間が長くなることなどがネックとなり、気軽に誰でも受けられる治療とは言えないのが現状です。

『オールオン4』と『ザイゴマインプラント』については、たった一日で健康的で美しい固定性の歯を入れることができる治療であり、上述したインプラントの弱点を払拭した画期的な治療法となります。今まで、治療期間が長くなることや費用的な問題でインプラント治療を諦めていたのであれば、今回ご紹介したインプラント手法がオススメです。特に、『ザイゴマインプラント』であれば、インプラント治療が困難と判断された方であっても治療可能な場合がありますので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

-インプラント
-, ,

Copyright© マモインプラントクリニックマリオスからのお知らせ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.