インプラント 歯科治療

歯を抜けたままにしておいても大丈夫?歯を抜けたままにすることの7つのリスク

投稿日:2020年1月21日 更新日:

「1本ぐらい歯がなくても大丈夫!」は大きな間違い。

こんにちは!
岩手県盛岡市のマモインプラントクリニックマリオスの理事長高橋衛です。

前歯が抜けたしまったらすぐ歯医者さんに行くと思いますが奥歯が抜けた場合、外から見えない、目立たないのでそのままにしている方も多いのではないでしょうか。

1本くらい歯がなくてもそれほど、話しづらくなったり、食事する際に食べにくくなったり不自由はあまり感じませんよね。

しかし、1本歯がないだけで、カラダのバランスは崩れていきます。抜けた歯のスペースを埋めるように隣の歯や上顎や下顎の歯が寄ってきます。噛み合わせが悪くなり、歯のすき間が広がって虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

歯を抜けたままにしておかないことが、残った歯と全身の健康を守るためにとても大切

歯を抜けたまま放置した場合の身体への7つの悪影響

1 │ かみ合わせが悪くなり、胃腸に負担がかかる
抜けた歯の両隣の歯が移動したり、傾いたりするので、かみ合わせが悪くなります。抜いてしまった歯の本数が多い場合には、片方の歯でばかり咬む「片噛み」など、咬み合わせのバランスが崩れることが心配です。

咬み合せのバランスが崩れることでと食べ物をしっかり咀嚼することができず、胃腸にも負担がかかります。ちゃんと消化せずに食べ物が胃腸に送られることになり、胃や腸への負担が増加します。また、咀嚼がきちんとできないと唾液の分泌量が減り、消化を妨げることになります。唾液は口の中をキレイにする自浄作用があり、唾液の不足は口臭の原因となってしまう場合もあります。

2 │ 顎関節症を起こす要因になる
噛むたびに顎がずれて咬み合わせのバランスが崩れ、顎関節症の原因となるリスクが高まります。また、歯がずれて移動することにより噛み合わせのバランスが悪くなり、他の歯の寿命を縮めることにもなります。

3 │ 歯が伸び出る
歯は上下左右でバランスを取っています。抜けた歯とかみ合わさっていた歯が1本なくなってしまうと、今まであった歯にかみ合わせようとして、伸び出てしまう可能性があります。かみ合わせの歯がどんどん伸びてしまうと、失った部分の治療が難しくなります。伸びるというのは反対の歯が長くなるのではありません。骨の中に埋まっていて見えなかった歯が出てきているだけです。接触する歯がないことで、反対の歯ぐきまで伸びてくることもあります。伸びてしまった歯は単純に押し戻すことは難しくなります。抜けてしまった歯のスペースを補うために人工の歯を入れる治療をする際、伸びてきた歯がネックとなります。

4 │ 見た目の印象が悪くなりふさぎがちになることも
歯並びのバランスが悪くなるため、笑ったときの見た目が損なわれてしまい見た目の印象が悪くなります。また、抜けた歯を意識してしまって、大きな口をあけて笑うことがなくなり、人とのコミュニケーションを取らなくなってしまう方もおられるようです。

5 │ 老け顔に見える
噛む力が衰えてしまい、お口の周りの筋肉も衰えてしまいます。歯がないことで顏の輪郭が変わってしまったり、奥歯を失うと頬のラインや顎のラインが内側に寄ってきてしわやたるみが増えるだけでなく、ほほが下がるため、老け顔になってしまう可能性があります。また、歯ぐきも下がりだし、頬がこけて、顎がたるんで見えたりもします。また、前歯の場合は口元にシワが寄りやすくなり、全体的に老けた印象になります。

6 │ 認知症リスクが高まる恐れも
歯と脳は深い関係です。咬むことで脳に刺激が与えられますが、歯を失うことによって、しっかり噛むことができないようになり、脳への刺激も減少することになります。噛む力が衰えることにより、脳への刺激が低下し、痴呆の原因となり認知症のリスクが高まる傾向にあります。
インプラントや入れ歯で失った歯を補完し本来の噛む力を回復させ、しっかりと咬むことで脳の血流量が増加し、毎日の暮らしで脳の活性化を促すことができます。

7 │ 発音がしにくくなる
歯のすき間から空気が抜けることで、息が漏れて、上手く発音が出来なくなり会話(発音)がしづらくなります。発音障害になることもあります。人と話すことに抵抗を感じるようになる方もおられます。

まとめ

歯を抜けたままに放置することで起こりうる悪い影響について、おわかりいただけたましたか?

1本や2本、歯がないからといって、食事も不自由でなくでき、痛みもなければそのままにされる方が多いのですが、歯がない状態が続くと抜けた場所の骨が刺激を受けずどんどん痩せていってしまいます。歯がないまま放置しておくことによって、かみ合わせが崩れ、将来的に多くの歯を失ってしまう可能性もあります。

注意ポイント

歯がない状態をそのままにしておくと、歯だけでなく身体にも影響が及びます。

現在では、歯が抜けてしまったとしても、入れ歯やインプラントなど、歯が抜けてしまった場合の治療方法があります。緊急性がないから、そのうちに治療しよう思わるかもしれませんが、もし歯が抜けてしまって放置している方は、いざ治療しようとした時に、骨がないためにインプラントができない、入れ歯が安定しないなど多くの弊害を生む結果にもなるため早急に歯科医院に行かれることをオススメいたします。

 

 

 

 

-インプラント, 歯科治療

Copyright© マモインプラントクリニックマリオスからのお知らせ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.