インプラント

盛岡で歯に関するセカンドオピニオンを受けたい場合はどうする?

投稿日:2022年3月18日 更新日:

盛岡市のマモインプラントクリニック 理事長の高橋衛です。

セカンドオピニオンとは、診断結果や治療方針・治療方法について主治医以外に意見を求めるシステムです。

第2の意見を求められるとして近年特に一般的になってきており、マモインプラントクリニックにもセカンドオピニオンに関するご要望をいただくことが多くなりました。

今回は、セカンドオピニオンを受けたい場合の方法について解説します。

インプラント治療は患者さまの一生を左右するため、疑問や不安を解消して納得のうえで治療に踏み切るためにも、セカンドオピニオンを効果的にご活用ください。

セカンドオピニオンを受ける方法

歯科医師集合写真


セカンドオピニオンを受ける一般的な流れとして、まず主治医へファーストオピニオンを受けることが挙げられます。

疑問・質問はもちろん不安な気持ちを整理して伝え、解消に向けた動きを取っておきましょう。
それでも疑問が解消されない場合や念のため第2の意見を得て背中を押してもらいたい場合、主治医に相談のうえでセカンドオピニオンを受けます。

「主治医である人の立場を崩してしまうようで、セカンドオピニオンを受けたいとは言い出しにくい」と感じる方もまだ多いのが現状ではありますが、セカンドオピニオンは制度として確立されています。

病気や治療への理解を深めるためにも、また、後悔のない選択をするためにも欠かせない制度であり、申し出ることで嫌な気分になる医師はほとんどいないでしょう。

隠すことなく率直に伝えることでかえって信頼関係が強固になることもあるため、活用していくことをおすすめします。

相談しにくい場合でも、紹介状・診断書・レントゲンなどの資料がなくともセカンドオピニオンを受けることは可能です。

再度検査からやり直して全体をチェックしてもらうこともできるため、躊躇わず相談していくことが大切です。

インプラント治療に関するセカンドオピニオンの実例

受付の様子


ここからは、インプラント治療に関するセカンドオピニオンの実例を紹介します。

インプラントは歯科治療のなかでも比較的高額になりやすく、手術を伴うこともあり不安になる患者さまが多いでしょう。

マモインプラントクリニックでもセカンドオピニオンを受け付けているため、お気軽にご相談ください。

骨が少ないためインプラント治療ができないと言われたが本当?


一般的に骨が少なかったり薄すぎたりする患者さまの場合、インプラントを埋入できないとして治療を断る歯科医院が多いことも事実です。

しかし、クリニックによっては骨が少ない方のためのインプラント治療である「ザイゴマインプラント」ができるケースもあり、簡単に諦める必要はないでしょう。

実際にセカンドオピニオンを受けて初めてザイゴマインプラントという選択肢を知り、自分にもインプラント治療の可能性があると分かった患者さまもいらっしゃいます。

ただし、ザイゴマインプラントはどの歯科医院でも導入している治療法ではなく、非常に高度な技術と経験を要します。
どのクリニックに依頼するかは慎重に選び、転院も視野に入れて検討しましょう。

インプラント治療したが違和感があり、相談したい


既にインプラント治療したあとでも、経過観察やメンテナンスの方針についてのセカンドオピニオンを求めることも可能です。

痛い・噛みにくい・出血する・インプラントにぐらつきや揺れがあるなど、気になる症状があれば早めに相談していくとよいでしょう。

また、「治療方針を正確に知らされていない」「提示された通院の頻度が適正なものか知りたい」という声にも客観的な立場から回答することが可能です。

まとめ

歯科医師によるセカンドオピニオン


セカンドオピニオンは患者さまの疑問や不安を払拭し、後悔のない治療をするための重要な制度です。

もちろんクリニックでは守秘義務が徹底されているため、患者さまの情報・診断内容などを他の医師・クリニックに伝えることはありません。

盛岡のマモインプラントクリニックでは、診断書の持参有無に関わらずセカンドオピニオンを実施しています。
公平な対応・提案を求めている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

-インプラント

Copyright© マモインプラントクリニックマリオスからのお知らせ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.