歯科治療

歯を全部インプラントに変える値段とは?インプラント治療が高額の理由についても解説

投稿日:2024年1月10日 更新日:

歯を全部インプラントに変える値段については、素材や治療方法によって異なりますが、400万円~500万円が費用相場といえます。

この記事では「歯をインプラントに変える値段」について紹介していきます。

インプラント治療が高額の理由については、以下があります。

  • 素材の値段が高い
  • 信頼できるインプラントメーカーを使用する
  • 事前準備に費用がかかる
  • 設備投資にお金がかかっている

ぜひこの記事を参考に、歯を全部インプラントに変える値段について理解を深めてみてください。

歯を全部インプラントに変える値段とは?

White question mark symbol on blue background. Problem, solution, confusion counseling concept.

歯を全部インプラントに変える値段は、素材や治療方法によって異なりますが、400万円~500万円が費用相場とされています。

インプラントを1本1本埋め込む治療方法ではなく、4本のインプラントを埋め込んで10~12本の歯を支える「オールオンフォー」と呼ばれている治療が一般的です。

具体的な治療相場については、以下のとおりです。

項目費用相場
診断料2万円~10万円
インプラント手術費2200万円~360万円
人工歯手術費20万円~2450万円
費用合計400万円~500万円

オールオンフォーでは、一般的なインプラント治療に比べて、費用が抑えられるのはもちろん、手術時間の短縮ができるメリットもあります。

インプラント治療が高額の理由

Money makes money investment concept with magnifying glass. Coins in shape of growing graph and focus on the biggest column.

インプラント治療が高額の理由については、以下があります。

  • 素材の値段が高い
  • 事前準備に費用がかかる
  • 設備投資にお金がかかっている

それぞれの理由について解説していきます。

素材の値段が高い

インプラントは、メーカーによって値段が異なりますが、安全面や高品質なインプラントでは素材の値段が高いです。

実際に、インプラントは世界各国にあるさまざまなメーカーが製造しており、メーカーによって素材や値段が異なります。

値段で選ぶことも重要ですが、インプラントは数年から数十年使用することになるので、値段が高くても、安心・安全を最優先にして選ぶようにしましょう。

信頼できるインプラントメーカーを使用する

世界的に権威や信頼性の高いインプラントメーカーを選ぶことで、長年にわたって使用することがにもつながります。

主要なインプラントメーカーについては、以下があります。

  • ストローマン社
  • ノーベルバイオケア社
  • ジンヴィ社
  • アストラテック社

アフターフォローや品質などもメーカーによって異なるので、事前に確認をしておきましょう。

また、歯科医院によっても取り扱っているインプラントメーカーが異なるので、信頼できるインプラントを使用している歯科医院を選ぶのも大切です。

事前準備に費用がかかる

インプラント治療を実施するには、事前に多くの準備が必要になるので、一般的な治療に比べて多くの費用がかかってしまいます。

具体的に、インプラント治療をおこなうには、以下のような事前準備が必要になります。

  • コーディネーターの問診
  • 歯科用CT及びパノラマレントゲン撮影
  • デンタルレントゲン
  • 口腔内写真(顔正面・側面・正面からの口腔内写真・上顎・下顎・右側面・左側面など)
  • 歯科医師による口腔内検査
  • 歯科衛生士による歯周精密検査
  • 歯科医師・歯科衛生士・トリートメントコーディネーターによるカンファレンス

インプラントの治療では、高い技術力が求められるので、綿密な診査診断やオペ計画が必要不可欠です。

検査費用が安い歯科医院を選んでしまうと、インプラント治療が失敗してしまうリスクがあるので、値段だけで選ばないように注意が必要です。

設備投資にお金がかかっている

インプラント治療は、一般的な歯科治療とは異なり、体内にインプラントを埋め込む外科手術なので、専用の設備が必要になります。

感染を予防するために、より清潔な環境下で治療をおこなう必要があります。

また、使い捨てのメスや手袋などを準備したり、手術室を準備するなど多くのお金が必要です

このように、インプラント治療が高額なのは、感染予防や減菌などの設備に費用がかかっていることが原因の一つといえます。

インプラント治療を安くする方法

インプラント治療を安くする方法については、以下があります。

  • 医療費控除を利用する
  • デジタルローンを利用する

それぞれの方法について解説していきます。

医療費控除を利用する

医療費控除を利用することで、税金の一部が還付されるのでインプラント治療を安くすることにもつながります。

医療費控除とは、年間に支払った医療費が基準額を超えると、その超過支払い分の医療費が課税対象の所得から控除され、税金の一部が還付される制度のことです。

実際に、すべての歯をインプラント治療で変えた場合、数百万以上の高額な費用になります。

医療費控除は年間医療費が10万円を超えると利用できるので、インプラント治療を受ける人は必ず利用するようにしましょう。

デジタルローンを利用する

Document data system Report HR technology Concept: Businessman Manager checking white documents reports papers of files icon in modern office

出人たるローンを利用することで、まとまったお金が手元に無くても、治療費を分割して支払うことができるので、妥協せずにインプラント治療が可能です。

金利は年5.0%前後なので、一般的な融資サービスに比べて安いメリットがあります。

また、デジタルローンは医療費控除の対象になったり、クレジットカードの最大分割払いの24回以上の分割払いの設定ができる特徴もあります。

インプラント治療でローンを検討している人は、デジタルローンを使用するようにしましょう。

全部の歯をインプラントにする治療の種類

全ての歯をインプラントにする治療の種類については、以下があります。

  • インプラントオーバーデンチャー
  • インプラントブリッジ
  • オールオン4

それぞれの種類について解説していきます。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、全ての歯を失ってしまった場合の従来から存在する治療方法です。

インプラントと総入れ歯を組み合わせた治療で、顎骨に2~4本程度のインプラントを埋め込み、マグネットやボタンによって総入れ歯を固定します。

通常のインプラントとは異なり、半固定式となっているのでメンテナンスがしやすく、清潔な状態を長く維持しやすいのもメリットの一つです。

治療費用は、歯科医院にもよりますが、80万円~150万円程度になります。

インプラントブリッジ

インプラントブリッジとは、インプラント体を6~8本程度埋め込んで、固定式のブリッジを装着する治療方法です。

本数を多いので、安定が良くしっかりと噛むことができ、ネジ止めで固定しておけば、歯科医院で外してメンテナンス清掃をすることも可能です。

実績のある治療法ですが、本数が多く骨が足りない場合は骨造成の必要が出てくることもあるので、数回の手術をおこなう必要がありますが、近年では、長さの短いショートインプラントも登場しているので、骨造成をしなくても治療ができるケースもあります。

費用については、250万~400万程度かかります。

オールオン4

オールオン4は顎骨に4~6本のインプラント体を埋め込み、そのインプラント体と人工歯をボルトで固定する治療方法です。

従来の入れ歯では、吸着させる方法を採用していましたが、インプラント体に直接装着することで、ズレや違和感が少ないといったメリットがあります。

総入れ歯を使用しており、入れ歯の使用感に満足していない人におすすめの治療方法です。

また、インプラント体の本数での少ない治療が可能なので、手術当日に固定式の仮歯が入るので、当日から食事ができます。

オールセラミックにするメリット

オールセラミックにするメリットについては、以下があります。

  • 審美性が高い
  • 変色にしにくい
  • 虫歯の再発が起こりにくい

それぞれのメリットについて解説していきます。

審美性が高い

オールセラミックの最大のメリットといえるのは、審美性の高さです。

周囲の天然歯と馴染む色味で作成することができるので、見た目に違和感なく、口を大きく開けても天然歯と同じような見た目となります。

セラミックの種類によっては、グラデーションで色合いを出すことができるので、より審美性を高めることも可能です。

また、神経が死んでしまった歯だと、神経のない歯は少しずつ黒っぽく変色してしまい、通常のホワイトニング方法では白くすることができませんが、セラミックでは常に白い歯を維持することができます。

変色にしにくい

オールセラミックでは、食器などにある陶器と同じ陶材を使用しており、水分の吸収が無いので、経年による変色はほとんどありません。

例えば、レジンでは仕上がりは白いですが、プラスチック製のため変色がしやすく傷つきやすいので、黄ばんだような色になってしまうデメリットがあります。

オールセラミックでは、コーヒーなどで一時的に着色することはあっても、その着色が残ることはありません。

このように、白くて美しい状態を長く保つことができることは、オールセラミックの大きなメリットといえます。

虫歯の再発が起こりにくい

オールセラミックでは、変形がしにくく段差や隙間が生じることがないので、虫歯の再発が起こりにくいメリットがあります。

最近の付着がしにくく、二次虫歯や歯周病のリスクを最小限に抑えることが可能です。

金属製の詰めものや被せものでは、オールセラミックに比べて素材自体が劣化したり変形しやすいので、歯と被せ物・詰め物の間に隙間が生じることで、その隙間へ虫歯菌が入り込んでしまい虫歯が進行してしまうケースは多く見られます。

虫歯が再発してしまうと、せっかく治療した歯を再度削る必要があります。

オールセラミックはこのような状況が起こりにくいため、虫歯の再発防止においても大変優れているといえるでしょう。

オールセラミックにする際の注意点

オールセラミックは、耐摩耗性や耐変形性、耐熱性などが優れていますが、銀歯に比べて衝撃に脆く、割れてしまったり欠けてしまうリスクがあります。

歯ぎしりや噛みしめなどの癖がある場合は、セラミックに大きな負担をかけてしまい、破損してしまう可能性があります。

また、被せ物や詰め物を作る際には歯を削りますが、オールセラミックでは強度を出すためにも歯を削る量が多くなってしまうので注意が必要です。

少しでも天然歯を残したいと思っている人は、別の治療方法を検討してみましょう。

インプラントで透明感のある白い歯を目指そう!

インプラント費用 全部

今回は、歯を全部インプラントに変える値段やインプラント治療が高額の理由について紹介しました。

歯を全部インプラントに変える値段は、素材や治療方法によって異なりますが、400万円~500万円が費用相場とされています。

また、インプラント治療が高額の理由については、以下があります。

  • 素材の値段が高い
  • 信頼できるインプラントメーカーを使用する
  • 事前準備に費用がかかる
  • 設備投資にお金がかかっている

今回の記事を参考に、インプラントで透明感のある白い歯を目指しましょう。

-歯科治療
-, ,

Copyright© マモインプラントクリニックマリオスからのお知らせ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.