インプラント

インプラントができるのは何歳から何歳まで?年齢ごとのリスクはあるの?

投稿日:

こんにちは!

岩手県盛岡市のマモインプラントクリニックマリオスの理事長、高橋衛です。

インプラント治療はメリットの多い治療法として確立している一方、年齢によるリスクを心配する人は少なくありません。

「子どもでもインプラント治療はできるの?」
「高齢でも問題なく手術できる?」
という質問に対して、施術対象はおよそ20~80代くらいまでの方への治療が多いとお伝えしています。

今回は、インプラント治療における年齢ごとのリスクを解説します。

1,2,3数値

インプラントは20歳以降がおすすめ

若い方へインプラント治療する場合、20歳以降にするのがおすすめです。
乳幼児や成長期のお子様への治療にはいくつかのリスクがあります。

インプラントを埋めた箇所だけ成長しにくくなる

成長期にインプラント治療をした場合、インプラントを埋めた箇所だけ骨の成長が遅れてしまう可能性があります。
すると、骨の大きさや密度にどんどんズレが生じ、インプラントの位置が安定しなくなってしまうのです。
場合によってはインプラントが他の歯や歯肉に当たってしまい、傷つけたり噛み合わせを阻害したりするケースもあるでしょう。
こうなってしまうと、インプラントを抜くしかありません。あまり早すぎる年齢でのインプラント治療は、おすすめできないのです。

20歳以降、顎や骨の成長が止まる

顎や骨の成長が止まるのは、20歳以降とされています。また、全て永久歯に生え変わっていることも欠かせません。
骨の発達には個人差がありますが、身長の伸びが止まり、骨の大きさが安定してきた頃から始めるのが一般的です。
「自分はもうインプラントができる年齢なのか?」という心配がある方は、事前にご相談ください。診察の上で、適切なタイミングをお伝えいたします。

上限は80代くらいまで

インプラント治療の年齢上限は特に設けられていませんが、一般的に80代くらいまでに済ませる方が大半です。
次に、加齢に伴うインプラントのリスクを確認していきましょう。

治癒能力や臓器機能の低下がリスクになる可能性

高齢になると、からだの治癒能力や臓器機能の低下が目立つようになります。
インプラント治療は手術してインプラントを骨に埋め込む必要がありますから、治癒能力が高い方が傷の塞がりが早く、骨との結合もスムーズに進みます。
しかし、高齢だから治療できないというわけではありません。
手術中の感染を防ぐため無菌レベルの高い手術室のある歯科医院に依頼したり、インプラント周囲炎にならないよう定期観察の回数を調整したりすれば、治療できるケースは一気に増えます。

持病がない方が望ましい

高齢の方に限った話ではありませんが、インプラント治療をする上では持病がない方が望ましいとされています。
インプラントを埋めるのに十分な骨量があるか、インプラントを支えられる骨の固さがあるかが重要です。
また、糖尿病・高血圧・心疾患などの持病がある場合や、日常的に薬を服用している場合、事前に歯科医師に伝えておく必要があります。
マモインプラントクリニックでは、このような心配がある方からの相談も随時受け付けています。
顎の骨量が少なくてもインプラント治療ができる「ザイゴマインプラント」という手法もありますから、諦めることなくまずはご連絡ください。

まとめ

インプラント治療は、20~80代くらいの方におすすめの治療法です。
「成長期が終わっているか分からず、インプラント治療に踏み切っていいか分からない…」
「持病があり、インプラント治療できない気がする…」
という方でも、まずはマモインプラントクリニックにご相談ください。
当院は盛岡市内だけでなく岩手県内ですと、二戸市や花巻市、北上市、宮古市、釜石市などからも通院していただける立地です。
万が一インプラント治療が難しいと分かった場合でも、他の治療法をご提案できます。
ストレスのないお口の環境を整えるためにも、一緒に最適な方法を探っていきましょう。

-インプラント

Copyright© マモインプラントクリニックマリオスからのお知らせ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.