インビザライン

目立たずに歯並びを治す方法は?

投稿日:2019年5月25日 更新日:

こんにちは!
岩手県盛岡市のマモインプラントクリニックマリオスの理事長高橋衛です。

歯並びを矯正したい。でも目立つのは困る。ビジネスで人と関わるお仕事をされている方や女性など、大人になってからの歯列矯正をご検討の方には、目立つことに対する抵抗がある方は多いです。最近はその様な矯正中の見た目を気にされる方のニーズに合わせたさまざまな目立たない矯正方法があります。

歯科矯正種類

従来の歯並びの矯正といえば、装置を歯の表面につける矯正を思い浮かべると思います。しかし最近では矯正中の見た目の問題も諦めたくないという方も多いため、さまざまな目立たない矯正が登場しています。

セラミックブラケット クリアブラケット(ワイヤー)矯正

従来の一般的な矯正装置はメタルブラケットというものです。歯の表面にブラケットを装着しそこにワイヤーを通して歯を動かしていきます。従来の方法ではありますが、矯正力が強く様々な症状に対応が可能という優れた矯正方法です。しかし、矯正中に目立ってしまうため、今回の趣旨には合いません。

今は、目立たず見えにくいブラケット(ワイヤー)矯正もあります。クリアブラケットや、セラミックブラケットの場合、審美性を重視したブラケット(ワイヤー)矯正で、歯の表面に取り付ける装置が、透明や白のブラケットとなっています。そのため、一般的なメタルブラケットよりも遥かに目立たなくなりました。メリットとしては、以下で紹介する裏側(リンガルブラケット)矯正よりも費用が抑えられる場合が多く、マウスピース矯正よりも幅広い症状に対応が可能です。コストパフォーマンスとしては非常に良い矯正方法と言えます。

デメリットとしては、歯の表面に装置をつけることには代わりは無いので、多少は分かってしまうということでしょうか。しかし、メタルブラケットに比べればはるかに目立たないことは間違いないです。

リンガルブラケット(裏側)矯正

裏側(リンガルブラケット)矯正は、歯に装置をつけてワイヤーを通して歯を動かすという点では上記のブラケット矯正と代わりありませんが、歯を動かすための装置を歯の裏側に取り付けます。そのため、歯の表面から装置が見えることはありません。可能な限り装置をつけていることを見せたくないという方がこの方法を選択されています。フルリンガルとハーフリンガルという方法があり、フルリンガルは上下の矯正装置の療法を歯の裏側に取り付ける方法です。ハーフリンガルは、外から見たときに目立ってしまう上の歯の装置のみ裏側に取り付けて、普段余り目立つことのない下側の装置はクリアブラケット等を歯の表側に取り付ける矯正です。メリットとしては、歯の裏側に装置がついているので、外からは見えず目立たないという点です。

 

 

デメリットとしては、個々によって、装置の作成が必要なオーダーメイドになるため、費用が高額になってしまうという点です。目安として同程度の矯正治療を行う場合、歯の表側につけるブラケット矯正に比べて、1.5倍ぐらいの費用になるケースが多いかと思います。また、歯の裏側に装置がついているために、歯磨きがしにくい、舌が当たって違和感がある、話しにくいなどのデメリットもあります。

ハーフリンガルブラケットの場合は、目立つ上の歯の矯正装置のみリンガルブラケットで、目立たない下の歯はクリアブラケットなどにしますので、費用もある程度抑えることが可能です。

 

 

 

マウスピース(インビザライン)矯正

インビザライン矯正は、透明で着脱可能なマウスピースを使った矯正方法です。アライナーと呼ばれる少しずつ形の異なるマウスピースを段階的に取り替えていき歯を動かします。透明なマウスピースを使用していますので、つけていることを気づかれる事は殆どありません。通常時、食事や歯磨きの際はご自身で取り外してご使用いただくような装置のため、食事などの際の他にも、いざというときにご自身で簡単に取り外しが可能という点もインビザラインの特徴です。また、ブラケット治療(ワイヤー)矯正に比べて、痛みが少ないケースが多い、通院回数が少ない、歯ブラシの際に取り外せるため、歯を衛生的に保ちやすく虫歯になりにくい等、メリットの多い治療方法です。

デメリットとしては、上記でも書きましたように、ブラケット治療に比べると、適応できる症状の幅が少々狭いので、インビザラインでの矯正が行えないケースがあるという点です。また、1日最低何時間つけていなければならないという基準(約20時間以上)がありますが、装置自体は簡単に取り外すことができるため、自己管理が出来ないと治療が長引いてしまうこともあります。

まとめ

歯並びを矯正して整えることは、見た目以外にも様々なメリットがあります。現在ではかなり目立ちにくい矯正方法もあり、昔よりも矯正を行う方も増えてきました。あなたの希望に添える治療方法も見つかると思います。しかし、いくつかある目立たない治療方法には、それぞれの矯正方法によってのメリット・デメリットも存在ますので、ご自身の状況やご希望と合わせて一度歯医者さんに相談されてみてはいかがでしょうか。

-インビザライン
-, ,

Copyright© マモインプラントクリニックマリオスからのお知らせ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.