小児歯科

子供の頃からの正しい習慣で、生涯ずーっと健康な歯を。

8020運動は、80歳までに20本の歯を残そうというものです。
しかし歯の健康をおろそかにする習慣がついてしまったら、その時はもう手遅れで、お口の中には無残な将来が待っているだけです。
子供の頃から歯に対する正しい習慣をつけておけば、その人は一生自分の歯で、健康で快適な人生を送ることができます。
子供の頃の歯に対する正しいケア意識は人生の宝と入っても過言ではありません。

小児歯科は、おおむね乳幼児期から、永久歯が生え揃う学童期(12~13歳)を対象とします。

主に虫歯の治療や虫歯の予防処置を行います。乳歯が虫歯になると、お口の中に細菌が繁殖しますので、永久歯に生え替わっても虫歯になりやすくなってしまいます。
そのためにも、虫歯は早期発見、早期治療が大切です。

当院では3回1セットのフッ素塗布を行なっています。塗め出し液を使用し、どこに磨き残しがあるか鏡で確認しながら歯ブラシをしていきます。
年3~4回セットで行なうと予防効果も高く理想的です。
未熟な乳歯や生えたての永久歯にフッ素塗布することで歯を強化し、むし歯になりにくくします。
また、ご自宅で簡単にできる、スプレーするだけのフッ素塗布方法もあります。

生えたての永久歯のむし歯になりやすい深い溝に、白いクリーム状の樹脂を流し、むし歯を予防する方法です。
奥歯の噛み合わせ面の溝は人により様々で、歯磨きしにくい形の子供もいます。その溝の部分を小窩裂溝填剤(シーラント)で埋めて、溝を浅くし歯磨きしやすくする処置方法です。

■シーラント処理
  1. 歯面掃除
    専用ブラシ歯ブラシ、ロビンソンブラシ、ラバーチップ、清掃用ペーストなどの器材を用いて歯の表面、特に溝の中に付着した汚れを取り除きます。
  2. 酸エッチング
    リン酸水溶液を歯の表面に塗布し、一定時間経過後に水洗い、乾燥させます。
  3. シーラントの塗布
    シーラントを歯の溝に塗布します。このとき溝の底の部分が完全に封鎖できるように、溝に沿って注入するのですが、かみ合わせを損なわないよう、溝の周囲にはみ出さない程度の量にとどめます。
  4. シーラントの硬化
    塗布終了後に直ぐ20秒間、光照射をします。この時点で照射はほぼ完了となり、食事も可能となります。また、かみ合わせの調整や表面の研磨等が必要かチェックし、対応します。

無料相談受付中

あなたの歯のお悩みに、カウンセラーがお応えします。この機会に是非ご利用ください。