静脈内鎮静法

うとうとしてる間に治療が終わります。

インプラントにしたいけど、手術が怖くてなかなか一歩踏み出す勇気が出ない!
親知らずを抜きたいけど、痛みを我慢できそうにない!!
こんな悩みを抱えて歯の治療を1日延ばしにしていませんか?悪くなった歯は早めの治療が一番大切。しかも、もう我慢する必要もないのです。静脈内鎮静法なら点滴でうとうとしている間に治療が終了します。さあ、さっそくお口の悩みを解決しませんか?

こんな方は今すぐご相談ください。

☑️ 歯科恐怖症で、治療中に具合が悪くなりそうな方。

☑️ インプラント手術や親知らずの抜歯、歯周病の歯肉剥離術を受けようとしている方。

☑️ 忙しく、短期間で治療を終わらせたい方。

☑️ 治療中に戻しそうになる、嘔吐反射の強い方。

☑️ 歯科治療をストレスなく、苦痛なく、快適に受けたい方。

静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法とは、歯科麻酔認定医が麻酔のお薬を点滴投与することにより、患者様はウトウトと眠っているような状態になる麻酔方法です。

静脈内鎮静法を行なっている状態では、うっすらと意識はあるものの、心地よく眠っている状態になります。また、お薬の健忘効果により、治療中の記憶が曖昧になりますので、手術などの治療に対する恐怖心や治療中の様々なストレスが和らぎ、ほとんど気にならなくなります。長時間の手術や治療でも、とても快適に受けることができます。

静脈内鎮静法は、全身麻酔と違って意識が完全になくなることはありませんので、通常の局所麻酔を併用して行います。局所麻酔が怖い方でも、無痛麻酔法により痛みを感じることなくリラックスして治療を受けることができます。

静脈内鎮静法を併用して手術を行なう場合は、麻酔医が患者様の血圧、血中酸素飽和度と薬剤濃度などのデータをリアルタイムで把握します。高血圧等、有病者の方でも麻酔医が全身管理を行ないますので安心して手術を受けていただけます。

使用する薬剤は、身体に対し有害な作用はなく、極めて安全なものです。

完全に意識がなくなる全身麻酔と違い、静脈内鎮静法は問い掛けには反応でき、自発呼吸と体の防御反射も保たれているので安全性は高いという特長があります。

安全に手術を受けていただけますよう、私達・歯科麻酔認定医が
生体情報モニターで患者様の状態を徹底して管理、監視いたします。
福岡先生 歯科麻酔認定医、池田先生 生体情報モニター
歯科麻酔認定医・福岡 雅子 歯科麻酔認定医・池田 淳子 生体情報モニター

静脈内鎮静法による無痛治療の流れ

1. 麻酔医による問診
お悩みやご要望などをお伺いします。
体調のチェックを行ないます。
2. 静脈内鎮静法 開始
麻酔開始

麻酔開始
点滴から麻酔のお薬を入れます。
3. 治療中
治療開始

治療中
麻酔が効いてきたら治療を開始します。
うとうと寝ている間に治療は終わります。
4. 治療終了、麻酔覚醒
治療後

回復ルーム

リカバリールーム(個室の回復室)で、
意識がはっきりするまでお休みいただきます。
 

・・・・

静脈内鎮静法・受診の際の注意点

☑️ 薬の成分中にアレルギーのある方は、受けられない可能性があります。

☑️ 重度の基礎疾患(心臓、肝臓、腎臓などの病気)がある方は、受けられない可能性があります。

☑️ 妊娠時や授乳時、小児の方には受けて頂くことができません。

☑️ 麻酔当日は、経口摂取制限があります。

☑️ 当日は、車や自転車の運転を控えて下さい。公共の交通機関をご利用頂くか、ご家族の方に送迎をお願いして下さい。

☑️ 麻酔終了後の痛みは、飲み薬にて対処いたします。

無料相談受付中

あなたの歯のお悩みに、カウンセラーがお応えします。この機会に是非ご利用ください。