ロゴ
■Newスピード矯正 無料相談実施中 ●夜19時迄 Tel.0120-981-418
header
お子さまの歯並びが悪い!このことはお子さまの心理的側面からも身体的にも共に悪影響を及ぼします。このページでは、その点を改善して頂く為の情報をお届けします。
悩む女性

 

というお悩みを抱えている方へ、
私は岩手県の歯科医師・高橋衛です。

「歯」は、人の身体を支える基礎機能を担う
とても大切な機能であることから
常日頃より心して皆様の治療に取り組んでいます。
中でもとりわけ「歯科矯正」については特に力を注いできました。


なぜか?


歯科矯正はお口の中だけでなく、体全体の健康を左右する重要な治療だからです。
特に、身体の柔軟性が高い10代の内に治療してしまう事が治療上の身体への負担も少なくて済みます。
もし、お子さんの歯並びで、日ごろ気になっている事がありましたら、先ずはお気軽に無料相談から初めてみてください。

カウンセラーによる無料相談に申し込む

歯並びは、身体全体の健康に影響します。

歯並びが悪い・・・・歯科矯正はとかく見栄えのところが注目されがちです。
しかしそれ以上に、からだ全体にどういう悪影響を及ぼすのか?という観点こそが重要なのですが、これが意外に認識されていません。
まずは、その身体全体への影響ってどういったものなのか?それを見てみましょう。

■噛み合わない歯並び:咀嚼への悪影響

悪い歯並び噛み合わない歯並びの場合、食事の時によく噛まずに飲み込みがちになります。
すると、唾液が少なくなる⇒食べ物のすべてを胃や腸で分解することになる⇒消化器官に負担をかける。
という消化器への悪影響が発生します。
また、噛む回数が少ないという事は、脳の血流の悪化が発生し、知能や運動機能の発達にも悪影響があるといわれています。


■隙っ歯:発音への悪影響

すきっ歯

俗に言われる隙っ歯は矯正の中では軽い扱いを受けがちですが、 実はそうではなく、舌の動きが制限され、発音が悪くなるという影響がでます。
日本語では、サ行、タ行が言いにくくなります。
これは、歯並びに隙がある事で、空気が抜けて話しづらくなる為、発生する影響です。

■歯並びが悪い:虫歯、歯周病発生リスク

歯並び
歯並びが悪いと歯ブラシを当てづらい箇所が発生します。特に【歯と歯の間】や【歯と歯ぐきの隙間】です。ブラシが当たらないという事はその場所が“磨き残し”になります。
するとその箇所がプラーク(歯垢)とよばれる細菌のかたまりになり、虫歯や歯周病を引き起こす事になるのです。


■不正咬合-1:顔の歪み発生など

不正咬合出っ歯、八重歯などの不正咬口がみられる場合、人相など印象に影響を与えます。
また成長過程において、あごや口の周りの筋肉の成長や発育不足が発生し、顎の上下がズレる、顔の左右が歪むということが発生したりします。

■不正咬合-2:顎関節症の発生など

顎関節症 歯並びが悪い関係で、食事の時、顎にかかる力の分散のバラつきが発生し、それを繰り返す事で
「口がスムーズに開かない」
「噛む時に、顎の関節、周りの筋肉が痛む」
などの【顎関節症】の症状が発生する事があります。



■不正咬合-3:メンタルヘルスの悪影響

メンタルヘルス噛み合わせの不具合により発生する顔の歪みや、口元が原因でとなったコンプレックスが発生し、メンタルヘルスに悪影響を与えるケースもあります。
ひどい場合になると引きこもり等の症状につながるケースも見受けられます。


■不正咬合-4:身体全体への悪影響

不正咬合歯並びが悪い事から発展し、身体全体への歪みにつながる場合があります。
この場合、偏頭痛、腰痛、肩こり、めまい等の症状が現れ、原因もよくわからず、長くひきづるというケースも見けられます。
歯はとかく虫歯にならない様なケアのみを重視しがちですが、この様に体全体のバランスを支えるとても重要な場所です。
人の身体はとても繊細にできており、その為、遺伝等の影響により、骨格など人それぞれ違いがあります。またその違いにより、からだの歪みが発生したりもしています。昨今では、病気のあらゆる原因は、その歪みの矯正から治療する方法も注目されたりしています。
当院では、こうした身体のバランスという事にも注目をし、常に身体全体への影響も考慮して矯正治療に取り組んでいます。

カウンセラーによる無料相談に申し込む

歯医者として信条を持って治療に取り組んでいます。

ちょっと矯正治療から横道ソレますが、私の歯科医としての信条を申し上げます。
信条の中で特に重視している事は、

当院を訪れる患者さんの立場、気持ちを優先して考えた治療を行う

という事です。高橋衛

具体的には、以下の3つの信条を大切にして診療に取り組んでいます。

私が歯医者として信条としている事とは・・・


来院された患者様の気持ち、立場に立った診療を!!

患者様は、当院の治療を受けてどうなりたいと思っているかを考えて治療する!!

患者様が良くなるための最善策は常に一つではない!

矯正治療に必要な通常の期間=3年間を
1/3に短縮する治療法を習得。

何故、突然、私が治療の信条を申し上げたか?ですが、これは、これからお話しする当院独自の矯正治療に対しての重要な意味があるからです。
それをこれからお話しします。
矯正治療は、遺伝や、環境により、本来あるべき正しい骨格に発生した歪みを治療するものです。
長い期間、歪んだ骨格を元に戻すという事は、身体に新しいカタチを教え込むという事になるので、それには一定期間の時間がかかります。
具体的には、今までごく一般的に行われている治療法は、以下のステップで行われ、完治するまでに平均3年から長いと5年かかっていました(*かかる期間は個人差があります)。

矯正治療

先ほど、骨格矯正なので、治療を完治させるまでに一定期間かかる事をお伝えしました。ですが、そこに甘んじていては、先ほどお伝えした私の信条に反する事になります。
歯科矯正は、身体全体への悪影響を及ぼさない様にすること、矯正を必要とされている方は、状況によりメンタル面にも影響されている事、等を配慮すると美しいきれいな歯を手にいれて頂く事はもちろんですが、
一日も早く実現するという事が最も大切!
という事が私の信条に即した治療と考え、その技術を習得しました。

カウンセラーによる無料相談に申し込む

レベリング~フィニッシングまでを
ワンステップ=1年で治療!

ご紹介しているNEWスピード矯正は、上記にお伝えした従来の治療法である、レベリングからフィニシングの行程をワンステップで行う為、すべての治療を1年で完結させるものです。
また、この治療法は、若年者(中高生位の年齢の方)の優れた代謝活性を活用した治療法となり、以下の通りワイヤーの活用等も極限まで削減し、身体への負担等の軽減を行っている治療法です。

■主なNEWスピード矯正の特徴

・パッシブセルフライゲーションブラケット
従来のブラケットの代わりに使用するのは、
「パッシブ・セルフライゲーティング・アプライアンスシステム」。

従来のようにワイヤーを1歯ずつ固定しません。

そのため摩擦が少なく、弱い力で歯を動かしますので、治療中の痛みは格段に軽減されました。

矯正ブラケット
■特長
矯正ブラケット
  • きめ細かいセラミック粒子による確かな審美性とスムーズな仕上がり
  • パッシブセルフライゲーションによるチュアタイムの削減と治療効果
  • クリップ保持アームによるローテーションコントロールの強化
  • ローフリクションによる効果的なスライディングと、必要に応じフリクションを加える結紮も可能
  • 様々な治療メカニクスの応用が可能なツインブラケットスタイル
  • 専用ツールによる簡単なアーチワイヤー着脱とディボンディング

 

・矯正用インプラント

歯並びの状態により矯正用インプラントを使用することがあります。
このインプラントは、アンカーインプラントという長さ6mm程の小さなもので、歯を引っぱるための固定源にします。矯正治療終了前には取り外します。
麻酔をして非常に簡単な処置で埋入しますので痛みはほとんとどありません。

スピード矯正

外科手術を行わず1年で治療を完了

この様にNEWスピード矯正は、従来にない技術を採用し、歯医者としての私の信条を反映した最新の治療法です。

この治療法を習得する事で歯科矯正の治療に関して、以下の事を提供できる様になりました


約1年で矯正治療を終了出来ます。

外科手術を行いません。

歯にかかる力が通常の10〜25%程度だから、痛みが少ない!

また、この治療は先ほども申し上げましたように、
中高生を対象にした治療
です。
大事な時期に短期で身体に負担のない治療を行う事ができます。

カウンセラーによる無料相談に申し込む