スタッフ紹介

  • 院長 高橋衛
    院長

    開業20年。年間400本を超える治療実績。
    日本トップクラスのインプラント治療実績を持つ高橋衛へお任せください。

    昭和56年3月 岩手県立盛岡第三高等学校 卒業
    昭和63年3月 岩手医科大学歯学部 卒業
    昭和63年4月 岩手医科大学歯学部 口腔外科学第二講座 入局
    関山三郎教授に師事し、口腔外科臨床の研鑽を積む
    昭和63年5月 歯科医師免許取得、歯科医籍に登録
    平成4年3月 岩手医科大学大学院歯学部研究科 修了
    歯学博士 学位記授与
    研究テーマ「マウス自然発生ガンにおける腫瘍内浸潤
    リンパ球に関する研究」

    圭陵会 学術賞受賞
    平成 4年4月 岩手医科大学 助手
    平成 7年3月 岩手医科大学 退職
    平成 7年6月 「高橋衛歯科医院」を開院
    平成17年8月  「医療法人 高橋衛歯科医院」を設立、現在に至る
    Read More
  • 金 俊介
    副医院長

    誠心誠意で頑張りますので、よろしくお願いします。

    平成19年 岩手医科大学歯学部 卒業
    昭和大学歯科病院にて研修終了
    平成22年4月より 高橋衛歯科医院 勤務

     

    【院長による副院長 歯科医師 金 俊介先生の紹介】

    金先生は勤務当初、院長の勧めでボストンのDr.Nevinsが主宰する歯周病と補綴のスペシャリストの為の研修機関IADSの姉妹組織であるJIADS(Dr.Ono,Dr.Nakamuraが発足した卒後研修機関)の歯周病6ヶ月コース・補綴6ヶ月コースを受講し、歯周病治療、補綴治療の基礎とその応用について学びました。

    金先生は保険診療全般を行っていますが、歯と顎と噛み合わせの治療や、保存出来なくなった歯を抜歯したその部位に、患者さま自身の親知らずなど他の部位の歯を移植する手術を得意としています。
    高橋衛歯科医院で使用しているインプラントは、世界で最も長期の実績を誇り、成功率が高いノーベルバイオケア社のものを使用しています。金先生は、このインプラントのセミナーやコースを受講し、基本的な知識から高度で難しい技術を習得され、治療に活かしています。


    さらに、金先生は審美領域(前歯などの見えるところ)の治療としてエンプレスダイレクトという新材料を使用したCR充填(白い詰め物)を得意としています。エンプレスダイレクトCR充填は保険診療では不可能だった美しさや強度・耐久性に優れた技術です。

    また、金先生は約5年間に渡り、盛岡つなぎ温泉病院や在宅介護施設へ伺い、約500人以上の身体が不自由な人や寝たきりの人々のリハビリテーション、口腔ケア、義歯の製作、治療をおこなっています。口腔環境の改善をすることにより患者様のQOL(生活の質)向上に貢献されています。

    金先生は、優しく親身になって患者様の立場にたち、妥協せず治療する事が患者様のためになると考え、一生懸命診療に取り組んでいます。患者様に満足して笑顔で帰っていただくためにも、日々研鑽に努めて技量を高め、真摯な姿勢で治療しています。

    金先生は、小児から高齢者まで、どのような症状にも対応できるような総合歯科医を目指しています。「患者様のお口がずっと健康でいられるようにサポートし、誠心誠意頑張っている。」と日頃の診療について述べていました。

    これからもよろしくお願いします。

    Read More
  • 福岡 雅子
    歯科麻酔認定医

    丁寧で優しい治療を心がけます。よろしくお願いします。

    平成15年 岩手医科大学歯学部 卒業
    平成19年 歯科麻酔認定医


    【院長による歯科医師・歯科麻酔認定医 福岡雅子先生の紹介】

    日本でも数少ない歯科麻酔認定医の資格を有し、麻酔業務(静脈内鎮静法、有病者のモニター管理他)を担当しています。先生は同時に一般歯科診療にも従事し、的確な診査診断と治療を行います。優しい愛護的な治療で 患者さんからも慕われている類い稀な歯科医師です。


    先生の略歴について紹介します。
    大学卒業後 県立中央病院での1年にわたる臨床研修を経て歯科麻酔科に入局。医局では全身麻酔300症例以上、静脈内鎮静法100症例以上を担当し、歯科治療や麻酔に必要な知識の習得と全身管理法のトレーニングに励みました。


    数年後 難関である歯科麻酔認定医という資格を取得してからは 大学病院内ではもとより、県内外の一般開業歯科医院での静脈内鎮静も多く手がける機会を得るようになりました。
    H21年 幸運にも医療法人高橋衛歯科医院に入社。入社理由は、日本トップレベルの歯科治療が行われている医院で技術の研鑽を積むことができ、自分の持っている資格を十分にいかす事ができる職場環境であるためということです。


    本院での一般歯科治療においては、保険治療から一部私費治療まで広く携わっており お子様から大人の方まで、優しいおもいやりの心を持って患者さんをお迎えしています。患者さんよっては、不安や緊張 ストレスから思わぬ生体反応が起こることがあるため、アナムネ聴取(問診)によりひとりひとりの情報を正確に把握しそれに配慮した治療を心がけているとのこと。特に治療中の痛みがないよう細心の注意を払っており、目配り気配り心配りを忘れず安心な対応ができるようスタッフと協力しています。一昨年には、審美歯科セミナーを受講し特に前歯部領域の私費治療を担当する頻度が増えてきています。


    マモクリニックではインプラント治療時の静脈内鎮静を週に1〜2症例、年間をとおして60〜100症例行っています。インプラントの需要は年々高まっており、有病 高齢者の割合も今後ひき続き増加傾向にある事が予想され、術前の健診や術中術後の全身管理は必須となります。「この分野でチーム医療の一員として仕事ができること そして歯科治療を通じて微力ながら社会に貢献することができることに、大きな喜びを感じています。」とおっしゃっています。


    今後ともよろしくお願いします。

    Read More
  • 佐藤 真規子
    歯科医師

    1997年 奥羽大学歯学部 卒業 1997年 秋田大学医学部附属病院 歯科口腔外科研修医 1999年 秋田大学医学部附属病院 歯科口腔外科医員 ・ ・ 【院長による歯科医師・佐藤真規子先生の紹介】 佐藤真規子先生は、平成…

    1997年 奥羽大学歯学部 卒業
    1997年 秋田大学医学部附属病院 歯科口腔外科研修医
    1999年 秋田大学医学部附属病院 歯科口腔外科医員

    【院長による歯科医師・佐藤真規子先生の紹介】

    佐藤真規子先生は、平成27年6月から高橋衛歯科医院に勤務しています。

    佐藤先生は、大学を卒業後、秋田大学歯科口腔外科で3年間、研修をしました。ここでは、口腔外科と歯科診療の他に、医学部麻酔科で6か月間、麻酔の研修をしました。麻酔科では、口腔外科をはじめ、外科、整形外科、泌尿器科、耳鼻科など各科にわたる、全身麻酔管理を担当しました。

    その後、佐藤先生は、秋田市ならびに盛岡市の歯科診療所に勤務され、一般歯科診療について多くの臨床経験を積まれました。また、インプラントにも興味を持ち、平成25年に仙台市で行なわれた公益社団法人日本口腔インプラント学会認定100時間講習会を受講しました。さらに、インプラント治療について勉強したいと考え、高橋衛歯科医院に勤務したということです。

    佐藤先生は現在、主に水曜日、木曜日、金曜日の歯科治療全般を担当されています。特に、秋田大学口腔外科の経験を生かし、難しい親知らず(智歯)の抜歯を担当しています。さらに、審美歯科やインプラントの診療にも携わっています。

    佐藤先生は、親身になって患者さんのお話を聞き、丁寧な説明をしてくださります。佐藤先生の優しくフレンドリーなお人柄から、小さなお子様から年配の方まで佐藤先生の診療担当を希望される患者さんがたくさんいらっしゃいます。

    佐藤先生に、どのようなお考えで診療をされていますか?とお伺いしたところ、

    「皆様のお口の中の状態はそれぞれです。診断結果を十分に説明し、話し合いを行った上で、その方に最適な治療を行なうことができるよう努めています。」と述べられていました。

    佐藤先生を、今後ともよろしくお願い申し上げます。



    Read More
  • 池田 淳子
    歯科麻酔認定医

    インプラント等の静脈内鎮静を担当しています。不安なことがありましたら、ご相談ください。

    平成14年 岩手医科大学歯学部 卒業
    平成18年 歯学博士学位 授与
    平成19年 歯科麻酔認定医 取得

     

    インプラント等の静脈内鎮静を担当しています。不安なことがありましたら、ご相談ください。

    Read More

無料相談受付中

あなたの歯のお悩みにカウンセラーがお応えします。この機会をぜひご利用ください。