8020運動とは?

今年も残すところ、約1か月となりました。

年の初めに掲げた目標は達成しそうでしょうか。

来年の目標に向かって助走しているところでしょうか。

これからの目標の一つに、出来るだけ自分の歯で食事していくためにどうケアするか、を入れてみてはいかかでしょうか。

日本歯科医師会では、高齢になっても豊かに楽しく過ごしていただくために、いつまでも自分の歯で、自分の口から食事をとることが最も大切なことであると考えて、
8020運動を推進しています。

8020運動とは「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

調査結果によれば、8020を達成された方は、生活の質(QOL)を良好に保ち、社会活動意欲が高く、また残っている歯の本数が多いほど寿命が長いと言われています。

仮に8020を達成できなかった方も、しっかりと噛み合い、きちんと噛むことができる義歯(入れ歯)やインプラントなどを入れて、口の中の状態を良好に保つことで、20本 あるのと同程度の効果が得られます。義歯やインプラントを入れた口腔で、食べ物をしっかり噛むことができれば全身の栄養状態も良好になります。よく噛むことで脳が活性化され、認知症のリスクが軽減するという調査結果も出ています。

いつまでもおいしく食べ続け、健康寿命を延ばすためにも当院へいらして下さい。
お口の中の健康を保てるよう、予防や治療にてお手伝いしたいと思います。

治療が一段落ついた後は、定期的健診をお勧めします。

歯科医療は「食べる」「会話する」という日常の生活を送るうえで欠かせない営みを守る「生きる力を支える生活の医療」です。

さて、ご好評を戴いております『高橋衛歯科医院インプラント講演会』の次回開催が決まりました。
2017年1月21日、盛岡駅西口マリオスにて、講演を行います。
参加ご希望の方は、お電話でお問い合わせ下さい。

高橋衛歯科医院 歯科医師 佐藤でした。

Share: