酸蝕症

皆さん、こんにちは、歯科医師の金(こがね)です。
盛岡も9月に入り朝晩が冷えてきました。体調を壊されていないでしょうか。

今日は、インターネット上で話題になっている ”酸蝕症” についてお話ししたいと
思います。

皆さん、酸蝕症をご存知でしょうか?
酸性の飲食物などで歯が溶けてしまう症状です。
虫歯、歯周病につぐ歯の疾患として近年、問題になっております。

スポーツドリンク、栄養ドリンク、ワイン、炭酸飲料、柑橘系の物、酸性度の高い飲食
物をたくさん摂取すると、
それが原因で歯が溶ける恐れがあります。

普段、歯自体は酸性に弱いですが、唾液が酸を洗い流して中和するため大きな問題は起
きません。
ところが、強い酸に長時間、又は頻繁に触れていると、唾液の作用が間に合わず、歯の
エナメル質が溶けてきます。
更に溶けると象牙質がむき出しになり、しみたり、かけたりしてきます。

又、酸は胃酸が原因で酸蝕症を招くことがあります。
酸性度が高く、逆流性食道炎、摂食障害の患者さんにも注意が必要です。

酸蝕症を防止するには、原因となる飲食物の過剰摂取を控え、摂取したらうがいをする
ようにしましょう。
虫歯の予防には飲食物摂取直後の歯磨きが有効ですが、
酸性度が高い飲食物を摂取した場合は約30分ほど経ってから歯を磨くと良いと言われて
います。
ただし、虫歯のリスクが高い人は、食後すぐ磨いて下さい。

このように、次の項目に該当する方は注意が必要です。
①スポーツドリンク、ビタミンドリンクをよく飲んでいる
②コーラなどの炭酸飲料をよく飲んでいる
③お酒を長時間かけて飲んでいる
④消化器系が弱く、よく胃を痛める

上記に当てはまる方、これ以外でも自分のお口に気になることがある方は、当院にいら
してみて下さい。
お待ちしております。

高橋衛歯科医院 金俊介
《9月の当医院のお得なキャンペーンのお知らせです。》

義歯用ブラシと義歯洗浄剤ピカ、まとめ買いでお得です。
また、ピカを5個お買い上げで1個おまけで差し上げます。
詳しくはスタッフにお聞きになってくださいね!!

Share: