夏バテはお口も!!

 

みなさん、こんにちは。
高橋衛歯科医院の山口です。

岩手県は梅雨時期にも関わらず、晴天、猛暑が続いています。
早くも夏バテしそうな方がいらっしゃるのでは?

さて、夏バテって何でしょう?

夏バテの症状は
・疲労
・倦怠感
・食欲不振
・微熱
・胃痛
・下痢
・頭痛
・めまい
・吐き気

いずれも、暑さにより自律神経が正常に機能しづらくなったことで引き起こされる症
状です。屋内と外の温度差が開き過ぎ、体がついていかないことも倦怠感や体調不良の一因になります。
上記のような症状がでたら、きちんと夏バテと自覚し、しっかり自分の体を労りまし
ょう。

他にも、猛暑により汗を大量に書いて脱水症状を引き起こしてしまったり、逆に水分
を摂りすぎてむくんでしまったりすることもあるので要注意です。

そして、夏バテがお口の中の環境に与えるダメージをご紹介致します。

・口臭がきつくなる
普段は、唾液の自浄作用のよって、ある程度は菌の繁殖が抑えられています。しか
し、夏は汗をかくことで体内の水分が不足しやすく、唾液の分泌量が減りがちに。
つまり、夏バテをすると「免疫力の低下」と「唾液の自浄作用の低下」というダブ
ルパンチで、口の中の菌が繁殖してしまう危険があるのです。
また夏はつるっとしたのどごしが良い食べものが好まれますが、それも口臭の原因
になります。噛む回数が減り、唾液の分泌が促進されにくくなるからです。

・歯周病が悪化する
夏バテも影響で口の中の免疫力が下がると、歯周病が進行しやすいといわれています
。他の菌たちと同様に、元々口の中にいた歯周病菌も元気になってしまうからです。
しかしほとんどの人は、歯周病になっても自覚症状がありません。そのため、夏場
に気付かないうちに歯周病が進行してしまうケースも少なくないそうです。

・口の中がむくむ
水分補給をしすぎて、脚がむくんでしまった経験はありませんか?実は脚だけでな
く、粘膜が多い口の中もむくみやすいといわれています。
脚と違って、表に見えないからOK!ということはありません。最悪の場合、舌がむ
くみすぎてノドをふさぎ、呼吸困難になってしまう可能性もあるのだとか。
口の中のむくみも、決して軽く見てはいけません。

皆さんは、夏バテや熱中症予防の意識は高く持たれていると思います。
しかし、「口の中も夏バテする」という危機感を持っている人はほとんどいないでし
ょう。
その意識の低さが、夏場に口内環境が悪化しやすい理由の一つなのかもしれません。

現在は「お口の状態は、全身とつながっている」ということが分かって来ており、医
療現場でも口内環境に対する注意度が高まっています。
口臭や歯周病を予防するためだけでなく、からだ全身の健康のためにも、今日からは
お口の中の夏バテ防止を意識して過ごしてみて下さい。

お口のことでお悩みや不安なことがある方は、当医院にお問い合わせ下さい!
きっと、お力になれると思いますよ。

Share: