お口の乾燥にご用心ください!

早いもので、今年も12月も半ばになりましたね。
寒さも厳しくなってきたせいか最近風邪の方をよくみます。
皆さんは大丈夫でしょうか?

僕は寒い時に鼻で息をすると冷たい空気で鼻が痛いことがあるので時々口で息をしてしまうことがあるのですが、
実はこの口呼吸を続けると口の中だけでなく身体にも悪影響があるのをご存知でしょうか?

この時期は特に空気も乾燥していますので口呼吸をすると口の中が乾燥し唾液も少なくなります。
それによって口の中に何が起こるかというと、
唾液が少なくなることで細菌が増え虫歯や歯周病になりやすくなります。

また、口臭の原因である舌苔(舌の白いもの)や扁桃腺の免疫機能で退けたバイ菌の死がい等の塊が、
膿汁や膿詮になってしまいます。
口呼吸の人に口臭が強いことが多いのはこのためです。

口臭の他の口呼吸のリスクとして、

・細菌が直接のどに入りやすいため風邪にかかりやすい
・扁桃腺炎など喉の炎症や疾患になりやすい。
・歯が着色しやすい。
・子供の場合は歯並びに影響が出ることがある。
・アレルギー性疾患のリスクが高まる。

が、あげられます。

 

これらのリスクを回避するには口の中を乾燥させないように鼻呼吸をする、またマスクを着用することが効果的です。

もし口呼吸の癖があり口の中の環境や歯並び、口臭が気になるという方は、是非、高橋衛歯科医院を受診して頂きたいと思います。
あなたのお口のお悩みを解決するお手伝いができます。

もうすぐクリスマスがやってきますね。
皆様、お身体には十分気をつけてお過ごし下さい。

歯科技工士の若宮でした。

Share: