「本格的な夏到来!」

高橋衛歯科医院、歯科技工士の若宮です。

夏らしい暑い日が続いていますね。
全国的に30℃を超える日が続いていますが、最近、舌が白くなったと思うことはない
でしょうか?

もし、いつもより舌が白いと感じているようでしたら、それは、夏特有の舌苔かもし
れません。舌苔(ぜったい)とは舌の表面に細菌や食べ物や粘膜のカスが付着したものです。

なぜ、夏になると舌が白くなりやすいのか、それは暑い時期にありがちな食生活に原
因があります。
暑くなると、冷たい飲み物を飲む機会が増えてしまいます。仕事を終えると、冷たい
ビールがまた格別ですよね。
飲酒のときには、お酒のあてに自然と食事の量も増えついつい飲み過ぎたり食べ過ぎ
てしまうこともあります。
そして、翌朝になると、二日酔いでお腹をこわしてしまい、胃腸薬を飲むことになっ
たりします。
夏はこのような繰り返しになりがちではないですか?

冷たい飲み物を飲むと、胃腸が弱ってしまい免疫機能も低下します。
そして唾液の分泌が減り、口の中で重要な唾液の免疫まで下げてしまいます。
免疫力と口の中の唾液の量の低下が舌が白くなる原因です。

舌が白くなる理由はこれだけではありません。
胃腸薬にも舌が白くなる原因があったのです。
胃腸薬には、抗コリン作用のある成分が含まれています。
抗コリン作用成分とは、胃酸の分泌を抑え、胃腸の緊張を和らげたり、痛みを軽くし
たりと副交感神経の働きを抑える働きをしています。
胃腸薬の成分には、唾液の分泌を抑える働きもあるために喉が渇く副作用があるので
す。ですので、冷たい飲み物を多量摂取して胃腸が弱っただけでも、舌が白くなってしまうのに、胃腸薬を飲んだら、舌苔が加速して増えていくのです。
これが、夏特有の舌が白くなる原因だったのです。

暑いと喉が渇きますが過剰に冷たい飲料水を飲むのは考えものですね。
でも、暑いと舌が乾きます。舌が乾かないようにすることも大切ですので、そんな時
には、水を少しずつ口に含み飲むと効果的です。
水を少し口に含むと唾液分泌腺を刺激します。そして、水を飲み込むと口中細菌を胃
に洗い流すこともでき一石二鳥です。

動物は本能的にケガをすると傷口をなめますね。これは唾液には消毒や抗菌作用と傷
を早く治す物質が含まれているからです。また発ガン作用を低下させる酵素もあります
。このように唾液は口の中でも重要なもので健康と深い関係があります。
舌の白さは健康状態をはかる指標にもなるようです。
まだ暑さは続きますが舌が白くならないように気をつけて過ごしてください。

8月は、毎週水曜日、13日、14日、15日が休診日です。
宜しくお願い致します。

 

Share: